バイク ブログ

YouTubeがブログより難易度が高いところを紹介!

すごうで(ツイッター)です。

最近サボり気味のブログを更新すべくキーボードを叩いております。

というのも、YouTubeの方に時間を割いていたんだけど、やっぱブログより大変!

ということで、最近自分があげたYouTubeの動画も紹介しつつ、YouTubeの大変なところを紹介していくよ!

台本が必要

これが今回初のバイク動画。

タイトルのラーメンは動画の中ではちょこっとしか出ないので、タイトル詐欺みたいな動画なんだけど、まぁ別にクレームは入ってないので良しとする。

最初の動画ということもあって、話す内容もある程度決めてたから動画編集にも時間をかけることなく簡単に仕上がった。

話す内容も、日頃から考えてブログでアウトプットしてた内容なので簡単だった。

難しいのは最初の導入。

動画は普通に始まったように見えるけど、実はもっと前から撮影をしていた。

挨拶を途中で噛んだり、テンションの高さがどの位がいいのか分からなくなったりして撮り直しをしていたらもうラーメン屋のすぐ近くまで来てしまったって感じ。

これは実際に撮影をしないと分からないことだった。

テレビ番組に台本があるように、YouTubeでも台本は必須だということがよーく分かった。

別に台本を作り込む必要はないと思うけど、だいたいの構成は考えておかないとただ撮影しているだけになってしまって本当につまらない動画になってしまう。

アドリブが必要

台本が必要だと言ったけど、リアルタイムの動画撮影になるので予定通りになることがない。

バイク動画になると天候に左右されるし、行った先のお店が臨時休業日なんてのもよくある。

今日もラーメン屋に行く動画を撮りに行ったらコロナの影響で土日祝はお休みにしているって張り紙がしてあって予定が狂ってしまった。

悔しいので他のラーメンを食べた後にチーズナンを食べるという暴挙に出てしまい、今現在胃もたれと闘いながらブログを書いている。

ブログなら雨が降ろうが雪が降ろうが書くことができるのでマジでイージーモード。

さらに、バイク動画の場合は機材トラブルも発生する。

バイクに乗っている途中で撮影を開始するから、ちゃんと動画が撮れているか分からないことがある。

今回発生したトラブルは、ピンマイクの端子がきちんとカメラにつながっていなかったのか、カメラ本体のマイクが作動していたため、自分の声が全く聞こえずにバイクの風切り音だけ入ってる状態になっていた。

本当ならヘルメットの中にあるマイクで声を拾うようになっていたのだが、バイク動画の場合これは動画を撮り終わった後で動画を確認しないと気づけない。

頑張って喋ったのに声が取れてない時の絶望感はぜひ味わってほしい。

資金が必要

バイク動画を始めるのに1番のネックはお金がかかるところ。

バイクを持っているのは前提として、バイクに取り付けるカメラが必要になる。

自分の場合はゴープロを使ってるんだけど、これがまたクソ高い。

今のところYouTubeは趣味の範疇でしかないので、経費にならないし完全に散財している。

収益化でできるようになったらYouTubeで使ったお金は全部経費にしてやる。必ずだ。

敷居が高いけど挑戦する価値がある

こうやって久々にブログを書いてたら感じるけど、やっぱりYouTubeを始めるには色々と敷居が高い。

声出しとか顔出し等、個人情報をどこまで晒してやるかとか、どんなジャンルで動画を撮っていくのかとか、ブログと動画でここまで違いがあるのかとヒシヒシと感じている。

だけど、敷居が高い分やりがいはある。

いつかやりたいと思っている人はぜひチャレンジしてみて欲しい。




-バイク, ブログ

© 2021 すごうでブログ Powered by AFFINGER5