仕事

将来を考えて仕事をしているサラリーマンが少ない

すごうで(ツイッター)です。

お仕事お疲れ様です。

私は今日は風邪をひいてしまったので、午後はおやすみをいただいて家で爆睡しておりました。

ちょっと上の世代になると、たとえインフルエンザにかかっていたとしても出勤して仕事をする方がいて焦ります。。。

人生の大半の時間が仕事で消耗されるため、仕事こそが生きがい、仕事こそが人生、みたいに生きることができればいいんですけどねー。

将来を見据えて仕事をしている人がほとんどいない

就活をしていると、キャリアプランをしっかり立てようとかよく耳にしていましたが、いざ就職して働きはじめると忙しくてそれどころじゃありません。

毎日の業務に追われて、仕事内容によっては誰でもできるような雑務も多いです。

私は事務職ですので、書類作成なんかが多いのですが、その業務自体が直接今後のキャリア形成に役に立つかというと、疑問が残るところ。

サラリーマンは裕福にはなれないけど安定している

ダラダラとサラリーマンに対して愚痴ったところではありますが、そんなサラリーマンにも良い点があります。

  • 給料が安定している
  • クビになりにくい
  • 昇進して給料もあがる

などなど。

派遣やバイト、フリーランスにはない特権です。

特に、安定して給料が入ってくれば将来のことも考えることができます。

しかし、一流企業でも無い限り裕福な生活というのは望めないでしょう。

もし、一流企業で給料が高かったとしても、年中働きっぱなしってのもあって、命を削ってお金を稼いでる感じですね。

仕事が楽しいかどうか

サラリーマンを続けるにあたって、やっぱり大事なのが「仕事が楽しいかどうか」ではないでしょうか。

人生の大半をつぎ込むのに、全然楽しめずに苦痛であれば奴隷人生を歩んでいる感じです。

世の中には、仕事を楽しんでいる人も意外にいます。

もし仕事が楽しくないのであれば、早めのうちに転職を考えるのもアリだということを念頭にいれておきましょう。

副業をしてみる

お金を稼ぐ方法は、サラリーマンによる給料だけではありません。

副業禁止の会社だと難しいですが、給料以外の収入を作ってみるのもいいですね。

サラリーマンでも、いきなり会社が潰れて無職になることだって可能性0ではないです。

そんな時に、副業による収入があればこれほど心強いものはないでしょう。

おわりに

サラリーマン生活の場合、定年後に再雇用などで働いたとすれば、もしかしたら70歳くらいまで働くてはならないかもしれません。

だけどそんなことを考えて働いているサラリーマンなんてあまりいないのも事実。

「じゃあどうすればいいんだよ?!」ってなってもらえたら嬉しいです。

そうなれば、まずは自分の人生に疑問を持って考える機会になります。

思考停止してサラリーマンを死ぬまで続けますか?

このブログでは、そんな方に役立つ情報をお届けしていますので他の記事もぜひ読んでください!

それでは!




-仕事

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5