【株】NISA枠の使い分けにチャレンジ!

すごうで(ツイッター)です。

毎年NISAのみで株式投資をやってきてたのですが、この度ついにNISA枠ではなく普通に株を購入することになりました。

NISA枠って個別株を買えるので人によっていろいろな株を買っているのですが、今回は私のNISA枠の使い分けについてご紹介します。

NISAとは

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

金融庁HPより

ざっくり説明すると、株で儲かったらその20%分税金を払わないといけないけど、NISAで儲かった分については税金を払わないでいいよっていう、お得な制度。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠があるんだけど、よくここで勘違いされる。

「儲かった金額が120万円までは税金がかからない」って意味ではありません!

120万円分の株でどれだけ儲けても税金がかからないのです。

例えば、NISA枠で100万円分株を買います。

その株が1100万円の価値になったので売ったとします。

儲けの額は1100万円−100万円=1000万円

この1000万円は税金が一切かからないのです。

普通なら訳20%の税金がかかるので、この場合は200万円が税金でとられちゃうはずなんだけど、NISAならとられないのです!

実際100万円の価値の株が1100万円になることはあまりないですが、それでも可能性はあります。

NISAの使い所

ということで、NISA枠を有効活用したいのであれば、できるだけ爆上げするような銘柄を買うことになります。

ま、そんな爆上げする銘柄なんて簡単に見分けることができれば苦労しませんけどねー。

ちなみに私はリネットジャパンという会社にガンガンNISA枠を突っ込んでおります。

誰も見向きもしない銘柄で、2020年7月2月現在で株価が400円くらい。

こーゆー時は買い増しのチャンスなので口座にボーナスをぶち込んで待機しております。

NISA枠は5年間のうちに利益確定しなくてはならないのですが、逆に考えると5年間のうちどこかで爆上げすれば良いので常にほったらかし状態。

NISA枠を使わない銘柄の場合は順張り短期!

ここから私の新しい取り組みなんですが、短期トレードやってみております。

最近だとコロナのワクチン開発で有名になったアンジェスという銘柄があって爆上げ中でした。

それに乗じて乗っかってみたところ、案の定大損しておりますw

なんで、買った次の日くらいからどんどん下がっていくのだろうか…。

まぁ仕方ないですよね。

ということで、もう少し様子を見てちょっと利益が出ればすぐ利益確定して逃げます。

こんな感じで短期トレードにも慣れていきます!

おわりに

最近投資が全然うまくいかなくて困っております。

唯一うまくいっているのが不動産投資くらい。

てか、不動産投資がうまくいかなかったら死んじゃう…。

投資って人生で必要なものだとは思うんだけど、万人にオススメできないというジレンマ。

日本人がお金に対する教育を受けていないのがいけないと思うんだけど、その話はまた今度にします。

それでは!




-

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5