人生

自分の行動に責任を持てないと成長できない

すごうで(ツイッター)です。

あなたは何か失敗をした時、何がいけなかったのか考えてことがありますか?

おそらくほとんどの人が考えたことがあると思います。

しかし、自分の行動ではなく世の中や他人が悪いからだと考えていませんか?

この考え方は、あなたがこれから生きていく上でマイナスになってしまいます。

あなたの長い人生で、この考え方を変えるだけで人生に大きな変化が訪れます。

短い話なのでぜひこのままお付き合いください。

他人のせいにすると成長できない理由とは

答えは簡単で、改善ができないのです。

例えば誰かの教えに従ってその通りにしたとします。

そこで失敗してしまいました。

ここで、「あの人から教えてもらったやり方が悪かったんだ。」と思うとします。

そうすれば、あなたはこの失敗は「教えてもらった内容が悪かった」という理由でその場は解決します。

多くの人がこのようにやりがちです。

しかし、ここで考えることをやめてしまうとなにも成長できません。

これが、もし成功していたとしたらどうでしょうか。

「教えてもらった内容が良かった」という理由で終わってしまい、なぜ成功したかは分からないままです。

結局のところ、成功しようが失敗しようが「あの人のおかげorせい」で終わってしまい「運が良かったor運が悪かった」っということになってしまうんです。

これって、なぜそうなったのかは分からないままで、ただのギャンブルでしかありません。

まずは自分で考えて行動しよう!

人から教えてもらうことはとてもいいことです。

自分では気づかなかったことに気づけるきっかけになります。

ただ、ここでやってはいけないことが相手の言っていることを何も考えずに鵜呑みにしてしまうことです。

「いやいや、さすがにそこまでバカじゃないからー。」って思った人ももう一度考えてください。

意外と相手の言ったことに対して細かく検討しないまま行動することは多いんです。

例えば仕事だと、上司からの命令があればその結果がどうなるかはさておき、とにかくやらなくてはならない時ってありませんか?

その仕事がうまくいこうが失敗しようが、「上司に言われたからやった。」で終わることもあるはずです。

これは仕事の話ですが、あなたの人生においては「上司に言われてたからやった。」で済みません。

実際のところ、失敗したところで死ぬわけではないので他人のせいにしててもどうにかなるのですが、それだと何も成長しないまま人生が終わってしまいます。

多くの人はそれでもいいと思うかもしれませんね。

しかし、人生100年時代と言われる中で、100年間も負け組の人生を送るということはしたくないはず。

「自分の行動に責任を持つ」っていうと、すごい大変なことだという感じがしますが、別に責任をもったからといって大変なことになる訳ではなく、逆に人生がイージーモードになっていくんです。

まず、他人のせいだろうが自分のせいだろうが失敗は失敗です。

誰のせいにしたところで失敗は変わりません。

しかし、ここで自分のせいにすることができれば次に同じようなことが起きる時に対策がとれるのです。

対策がとることができれば、次に起きる同じようなことは失敗しないですむことができます。

  • なぜ自分はそこの行動をとってしまったのか?
  • 失敗を回避するには?
  • 次回同じようなことが起こった場合の対応策は?

これらを、自分の行動で改善することができれば次は失敗しません。

世の中の成功者は多くの失敗を経験している

あなたの中で、誰でもいいので自分より大成功している人を想像してみましょう。

その人は、たまたま大成功したかというと、実際はそうではありません。

様々な失敗を乗り越えて大成功を収めているのです。

その大成功も、1つの成功だけではなく数えきれないほどの成功が積み重なってできています。

大成功できた理由を一言でいうと、「行動してきたから。」です。

沢山行動して、失敗をして、なぜ失敗したのかを自分で考えて次の行動に繋げていったら大成功している状態になっただけなのです。

おわりに

みんな失敗をします。

大人になっても失敗をします。

よく「大人になってからは失敗できない。」と言ってくる大人がいますが、おそらくその人は大成功を収めている人ではありません。

失敗はあなたが成長するためにあるのです。

他人のせいにするのではなく、自分がどうすればいいのかを常に考えてみましょう。




-人生

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5