ガジェット

iPadにはタッチペンが便利すぎ!

すごうで(ツイッター)です。

新型iPad Airを購入したのでついでにタッチペンを購入してみた。

本当はスタイラスペンっていうらしいので、スタイラスペンって名前で紹介していくよ。

スタイラスペンとは

自分の中では、「タブレットで絵を描くためのもの」って先入観があったので全く必要ないって思ってたんだけど、意外と便利なアイテムなのだ。

自分はまだ一週間くらいしか使ってないんだけど、すでにiPadを使う時には自然に使うようになってることにびっくりした。

見た目は名前の通りペンで、そのペンでタブレットが操作できるようになるんだけど、今までのストレスが完全になくなった。

画面が指紋で汚れなくなった

これが1番感動した。

今まで、「タブレットは指で操作するもの」って先入観のせいで画面が汚れることはしかないことだと思っていた。

そのため、画面が汚れる前提で画面拭き用のクロスを常備していた。

汚れるたびにクロスで画面を拭き上げることで綺麗になる画面に満足するという感覚を味わっていたわけだが、ぶっちゃけ最初から画面が汚れない方法があるのにわざわざ汚す必要もない。

ちなみに、その時使ってるマイクロファイバーのクロスはアマゾンで買った安い商品なんだけど、クロスって消耗品だし持ってて損はないのでオススメ。

Amazonベーシック マイクロファイバー クリーニングクロス 24枚入→ https://amzn.to/2TEOuwn

ちなみに、テレビやスマホの画面が汚れた時にも使ってるし、メガネ拭きにも使ってる。

手を伸ばさなくても画面の端に届く

だいたい20cmくらいの長さなんだけど、このリーチがめっちゃ便利。

タブレットって画面サイズが大きいから端から端まで指で操作するためには手を伸ばす必要があったんだけど、これなら素早く操作することが可能。

これなら時短になって作業効率も向上するので購入して正解だった。

若干デメリットあり

今回自分が買ったのは安物のスタイラスペンなんやけど、ほぼほぼ満足してる。

アップルが出してる庶民には高すぎて買う気の出ないアップルペンシルは自分には必要ない。

そもそも自分の買った安物と純正品の大きな違いは2点だけ。

  • iPadにマグネットでくっつけた時にそのまま充電ができるかできないか
  • 筆圧で入力に変化があるかないか

15,000円以上するアップルペンシルを買えば上記の2点が盛り込まれるんだけど、自分の買った安物のスタイラスペンが3,000円くらいだから、お値段約3倍。

こんな感じでiPad Airの横にマグネットで引っ付く。

アップルペンシルならこの状態で勝手に充電されるので便利ではある。

安物のスタイラスペンだとこんな感じでUSBケーブルで充電する。

なんとなくダサい気するが、安いし別に構わん!

絵を描くためなら筆圧も反映されるアップルペンシルの方がいいだろうけど、自分は絵の才能はないし、才能を開花させる気もないので3,000円で大丈夫だ問題ない。

ただ若干気になったのが、スタイラスペンの電源のオンオフについて。

ペンのお尻に触れると電源のオンオフの切り替えができるんだけど、いつの間にかそこに触れてて電源がオフになってることがしばしば。

人差し指のところにあるのがセンサー

いつの間にかお尻に触ってて電源がオフになっていることに気がつかないでiPadが反応しないことに焦った。

スタイラスペンは買い!

今回新型iPad Airという高い買い物だったので、それに比べると3,000円くらいのアクセサリはマイホームを買う時にオプションをつける時くらい気にならないもの(ちなみにマイホームは買ったことない)。

ということで、ぜひタブレットを購入した際はスタイラスペンの購入も検討してもらいたい。

自分の買ったスタイラスペン→ https://amzn.to/35XjwFi

買う前に買おうとしているスタイラスペンが自分のタブレットに対応しているか確認してから買ってね!

あ、そういえば、本当はこのペンは動画編集の際に便利そうだと思って買ったんだった。

また動画を作成したらツイッターで使い心地をつぶやくか。

それではまた!




-ガジェット

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5