人生 筋トレ 習慣

良い習慣があなたの人生に革命を起こす!【中だるみ防止】

すごうで(ツイッター)です。

目標に向かって頑張っていることがある時に、連休なんかがあると、ついつい中だるみしてしまいますよね。

学校や仕事があると何となく緊張感みたいなものがあって頑張れますが、休みの日は完全にスイッチがオフになってしまいます。

次の日も休みだったりすると寝る時間もテキトーになってしまい、昼夜逆転してしまいます。

が、今の私はそのようなことが起きにくい状態にまでもって行くことに成功しています。

完全に昔の自分とは別人になっているのですが、今ではこれが当たり前になっています。

目標に向かっている途中で連休などで気がぬけて継続できない人が多いですが、この方法さえ身につけてしまえば目標達成への確率が高まりますのでぜひ最後まで読んでください。

夏休みの計画を立てることは素晴らしいことだった!

連休のような日常と違う場合は、当たり前ですが日常のように生活をすることはありません、

子どもの頃なんか、夏休みの宿題の計画を立てるように先生から言われた記憶がありますが、結局最初っから計画通りにいかずに夏休みの最後に必死に宿題をやった記憶があります。

そもそも、小学生なんかに長期の計画を立てて、その計画を実行するなんてことはできない気がするんですが、私だけでしょうか?

てか、小学生からそんなことができてた人はこのブログを読む必要がないのでこのページをさっさと閉じて目標に向かってもらった方がいいですw

で、今更気づいたんですが連休なんかは遊びの予定を入れるだけでなく、頑張ることも予定に入れましょう。

私の場合は最近だと、Amazon Kindleで読書をするよう心がけています。

私はだいぶズボラな人間なので前日に「明日は読書しよ!」くらいの感覚で予定を入れてます。

というか、テキトーに決めてるだけですが。

それでも何も考えずに寝てしまって休日に突入するのと、一瞬でもいいから休日の予定を考えてから寝るのでは休日の使い方が全然違います。

中だるみ防止の具体的な方法

さて、話がいきなり脱線してたので元に戻します。

タイトルの通り、良い習慣を身につけることで中だるみ防止に役立つって話です、

普段の生活だと、学校や仕事に行く日(オンの日)があって休み(オフの日)があるんですが、頑張れていない人はオフの日を完全なるオフの日にしちゃうんです。

これだと継続するのが本当に難しいです。

特に私のようなズボラタイプの人間は、オフの日を完全にオフにするとその次のオンの日に元に戻すのが難しいのです。

そのため、オンの日だろうがオフの日だろうが関係なく毎日できる習慣があると昼夜逆転のダラけた生活をある程度防止ができる訳です。

「それじゃオフの日ないじゃん!」

って思いました?

そしたら、まずはオフの日っていう考え方から変えていきましょうか!

オフ日は1日何時間?

おそらく、オフの日って1日で考えてますよね。

特に連休の間の日なんかは完全オールフリーを満喫したい気持ちは分かりますが、ぶっちゃけ、24時間オフじゃなくてもよくないですか?

私の場合は、普段会社に行っている時間をオフの時間と捉えて、帰宅後の時間帯は通常通りのような生活を心がけています。

というか、毎日の習慣のおかげでそうなっちゃった感じです。

私は毎日仕事から帰ってきて晩飯を食べた後に筋トレをしています。

今では筋トレしないと気がすまないレベルまできてしまいました。

これがタバコやアルコールなどの悪い習慣だとよくないですが、筋トレは基本的に良い習慣だと思うので、個人的には全く問題なしです。

この筋トレがあるために、日中にどれだけだらけた生活を送っても夜の筋トレで1日がリセットされるわけなのです。

良い習慣を身につける方法

いきなりですが、筋トレが習慣化するのに簡単で万人に必要な習慣だと思っています。

私は今まで英会話とかボイスパーカッションとか色々チャレンジしてきましたが、筋トレが1番続いていますし、おそらく現役である限り続く気がします。

筋トレって普段見える体が引き締まっていい感じになるんですけど、人間一度良い体を手に入れると手放したくなくなります。

そこまでいってしまうと、完全に筋トレが趣味であり習慣である状態になりやめられなくなる訳です。

で、その筋トレを身につける方法ですが、私が実際に習得した際の方法はこちらです。

  • 風呂に入る前に筋トレをする
  • 毎日できるくらいの簡単なレベルからスタートする

筋トレをした後じゃないとお風呂に入るのを禁止にしました。

厳密に禁止にした訳じゃないんですが、感覚としては寝る前には歯を磨いてお風呂にも入らないといけないのと同じ感じ。

んでもって、いきなりダンベル持って筋トレするとか絶対長続きしないと感じたので、まずは腕立てとか腹筋とか背筋とか、自分の体重でできる筋トレをしました。

さらに、自分はやる気のない時も筋トレを継続できるように以下のようなYouTubeで筋トレをしてました。

本当にやる気が出ない場合でも、とりあえずYouTubeの再生ボタンを押す!

すると筋トレが始まってしまうのでバタバタ始める。

みたいな感じを半年くらい続けたら体が慣れてきます。

一年もすると重りを使いたくなってくるので今ではYouTubeに頼らずダンベルを使って筋トレするまでになりました。

筋トレが1日のスイッチを切り替える!

これは筋トレをやらないと実感できないことなんですが、筋トレをすればその後の時間(私の場合は筋トレをしてお風呂に入った後の時間)にスイッチが入って作業ができるようになるんです。

私の場合、ブログを書いたり読書したり投資の勉強したり、普通の人は元気が残ってなくてなかなかできないであろうことができています。

というか、筋トレをする前の私がなかなかできなかった状態だったってだけですがw

筋トレが習慣になれば生活の質が圧倒的に向上します。

まず筋トレで肉体的に良くなっていくし、その後のスイッチが入った時間を有効活用できれば自身の能力向上に時間を有効活用できるので、一言で言うと「ヤバイ」っす。

ちなみにスイッチがオンになるっていう意味がよく分からないと思うので説明しますね。

学校や仕事から帰ってくると、基本めっちゃ疲れてると思います。

ただ、それって家に帰ってきたことによって自分のスイッチがオフになっただけなんです。

やっぱどうしてもおうちはリラックスできるので仕方ないことですが。

で、そのままダラダラして寝る時間になったから仕方なく寝るみたいな。

この時間をうまく活用できるようになればOKってことです。

平日と連休中のスイッチの考え方

平日の場合、朝起きて学校や仕事に行って帰ってくるので、「オン→オフ」となります。

んでオフの時間をもう少し有効活用したいので「オン→オフ→筋トレしてオン」というように、夜の時間をオンにすることができます。

問題なのが連休中です。

学校や仕事に行かないので朝からオンにならないんです…。

ということで、前日のうちにざっくり予定を考えるようにすれば午前中からオンに入る確率が上がります。

ただし、連休はオフにすると決めた場合、できれば1日丸々オフにするのではなく、夜お風呂に入る前に筋トレをすることで夜はスイッチをオンに入れることをオススメします。

どうしても1日丸々オフだと習慣もなくなってしまうし、好循環のサイクルが止まってしまうのでもったいないです。

筋トレして健康になればメリットいっぱいなので、是非とも習慣に取り入れてくださいね。

おわりに

うーむ、結局筋トレサイコーだよって話になってしまった笑

ま、実際に筋トレはサイコーだし問題ないか!

ということで、これから始めてみようかと思った人はぜひぜひ続けて人生変えていきましょう!




-人生, 筋トレ, 習慣

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5