仕事

上司と合わない場合は何を考えて話しているか理解するべし!

こんにちは、すごうでです。

あなたは職場で上司と衝突していることがありませんか。

「自分のことなんてちっとも分かってない…」とか感じることも多いですよね。

でも、上司は上司なりに考えて声をかけているんです。

なぜ、上司はそんなことを言うのか、ここで考えてみましょう。

上司があなたに話す時に考えている3つの事

⒈あなたを成長させたいと考えている。

あなたがまだ業務に慣れてない場合、上司はあなたを鍛え上げて一人前にしようと考えています。

最初のうちは仕事内容が全然分からないのが当然です。

せっかく仕事を教えるのだから、ついでに上司の知識や経験も注ぎ込みたいと思っているのです。

そこでついつい、自慢話や仕事に関係ない話もでてしまうんですね。

上司の無駄話を聞くのはつらいですが、多少は我慢して聞いてあげましょう。

でも、話が長すぎる場合は「話が戻っちゃいますけど…」と、やんわり話を元に戻してあげましょう。

上司も、「あ、そうだったね!」と最初に言ってたことを思い出して、無駄話をしていることに気づいてくてるはずです。

⒉仕事のことを考えている。

あなたのことというよりは、仕事のことを考えていることがあります。

この場合、あなたを気遣って話していない場合が多く、結構キツい言い方であなたに話すことがあります。

しかし、仕事の事をしっかりと考えて話してくれていますので、重要な話をしてくれていることが多いです。

その場合は、上司の話をしっかり聞きましょう。

その時は多少ツラくても、あなたがしっかりと上司の話を聞いて仕事をバリバリこなすようになれば、上司も安心してキツくいうこともなくなりますよ。

⒊思いつきで、全然考えていない。

この場合は注意が必要です。

全くの思いつきなため、なんの根拠もありません。

その通りに仕事をすると大変なことになることもあります。

仕事ができる上司でも、たまには感情的になってしまい、その時に感じたことをあまり考えないままに発言することだってありますよね。

そんな時の対処法としては、「え…?」と、困った感じで反応してそのまま沈黙してみるがいいかもしれません。

もしあなたが、そのまま黙り込んでしまえば、上司もあなたが何故黙り込んでしまったのか考え、自分の言った事がおかしかったのか冷静に考えることができるでしょう。


まとめ

上司と合わないと思ったら、なぜ上司がそのような話をしたのかをよく考えてみましょう。

そうすれば、上司の気持ちも理解できて次第に良い関係を築くことだってできますよ。

でも、どうしても上手くいかない場合は1度上司ときちんと話し合ってみるか、職場の他の人に相談してみましょう。

仕事時間は、あなたの1日の中で大半を占めます。

できるだけ働きやすい環境にすることによって、楽しく仕事ができるようにがんばりましょう!





-仕事

© 2020 すごうでブログ Powered by AFFINGER5